2015年11月01日

たけくらべ

たけくらべ (集英社文庫)たけくらべ (集英社文庫)
樋口 一葉

集英社 1993-12
売り上げランキング : 106997

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


廓の街に住む勝気な美少女・美登利は
お寺の息子・信如にほのかな想いを抱いている。
しかしお互いを意識するにつれ会話はぎこちなくなり…。
せつなく不器用な初恋を情緒あふれる文体で
描いた一葉の名作「たけくらべ」をはじめ代表作三篇を読みやすい新表記で収録。

感想文
posted by 安藤 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 集英社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

猫怪々

猫怪々 (集英社文庫)猫怪々 (集英社文庫)
加門 七海

集英社 2014-11-20
売り上げランキング : 57835

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


猫に優しい町を選び、マンションを購入した著者。
ある雨上がりの日、路地裏で一匹の仔猫と出会う。
掌に乗るほど小さく、ぐったりしていた仔猫を見捨てられずに飼うことを決意するが、
いくつも病気を抱えていたうえに、なんと怪異現象までついてきて…。
病院通いに、気功にお経。
猫に振り回されながらも、しみじみいとおしさが湧いてくる。
怪談作家のあやしくも愛にあふれた体当たり「育猫日記」。

感想文
posted by 安藤 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 集英社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

終末のフール

終末のフール (集英社文庫)終末のフール (集英社文庫)
伊坂 幸太郎

集英社 2009-06-26
売り上げランキング : 41277

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。
そう予告されてから五年が過ぎた頃。
当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。
仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。
家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。
はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。


感想文
posted by 安藤 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 集英社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

風花

風花 (集英社文庫 か)風花 (集英社文庫 か)
川上 弘美

集英社 2011-04-20
売り上げランキング : 386905

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ねえ、わたし、離婚したほうがいいのかな。
普通の夫婦を続けていくって、どういうことなんだろう―。
のゆり、33歳。
結婚7年目の夫・卓哉の浮気を匿名の電話で知らされた。
卓哉に離婚をほのめかされて、途方に暮れながらも日々の生活は静かに続く。
やがてのゆりは少しずつ自分と向き合い、一歩ずつ前へと進み始める。
移ろう季節のように、ゆるやかに変わっていく愛の形を描いた傑作恋愛小説。



感想文
posted by 安藤 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

ジェネラル・ルージュの凱旋

ジェネラル・ルージュの凱旋ジェネラル・ルージュの凱旋
海堂 尊

宝島社 2007-04-07
売り上げランキング : 198721

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、
伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、
不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、一枚の怪文書が届いていた。
それは救命救急センター部長の速水晃一が特定業者と癒着しているという、匿名の内部告発文書だった。
病院長・高階から依頼を受けた田口は事実の調査に乗り出すが、
倫理問題審査会(エシックス・コミティ)委員長・沼田による嫌味な介入や、
ドジな新人看護師・姫宮と厚生労働省の“火喰い鳥”白鳥の登場で、さらに複雑な事態に突入していく。
将軍(ジェネラル・ルージュ)の異名をとる速水の悲願、
桜宮市へのドクター・ヘリ導入を目前にして速水は病院を追われてしまうのか…。
そして、さらなる大惨事が桜宮市と病院を直撃する。感想文
posted by 安藤 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝島社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

谷崎潤一郎マゾヒズム小説集

谷崎潤一郎マゾヒズム小説集 (集英社文庫)谷崎潤一郎マゾヒズム小説集 (集英社文庫)
谷崎 潤一郎 千葉 俊二

集英社 2010-09-17
売り上げランキング : 13662

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


エスカレートする遊びの中で、
少年と少女が禁じられた快楽に目覚めていく「少年」、
女に馬鹿にされ、はずかしめられることに愉悦を感じる男を描く「幇間」、
関東大震災時の横浜を舞台に、三人の男が一人のロシア人女に群がり、
弄ばれ堕ちていく「一と房の髪」など、
時代を超えてなお色鮮やかな、
谷崎文学の真髄であるマゾヒズム小説の名作6篇。
この世界を知ってしまったら、元の自分には戻れない。


感想文
posted by 安藤 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 集英社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

イノセント・ゲリラの祝祭 下

イノセント・ゲリラの祝祭 (下) (宝島社文庫 C か 1-8)イノセント・ゲリラの祝祭 (下) (宝島社文庫 C か 1-8)
海堂 尊

宝島社 2010-01-08
売り上げランキング : 151565

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


厚生労働省のロジカル・モンスターこと白鳥圭輔から呼び出しを受けた田口公平は
、医療事故調査委員会に出席するため、
日本の権力の中心地、霞ヶ関に乗り込んだ。
だがそこで彼が目にしたのは、
崩壊の一途を辿る医療行政に闘いを挑む、
一人の男の姿だった。累計780万部を突破する田口・白鳥シリーズの、
新たなる展開に注目。大人気メディカル・エンターテインメント第4弾!

感想文
posted by 安藤 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝島社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

イノセント・ゲリラの祝祭 上

イノセント・ゲリラの祝祭 (上) (宝島社文庫 C か 1-7)イノセント・ゲリラの祝祭 (上) (宝島社文庫 C か 1-7)
海堂 尊

宝島社 2010-01-08
売り上げランキング : 240718

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


東城大学医学部付属病院4階。
万年講師の田口公平は、いつものように高階病院長に呼ばれ、無理難題を押しつけられようとしていた。
「お願いがありまして…」そう言って取り出した依頼状の差出人はあの火喰い鳥、白鳥圭輔。
厚生労働省で行われる会議への出席依頼だった。
幻の短編「東京都二十三区内外殺人事件」をプラスし、
全面改稿した田口・白鳥シリーズ第4弾。

感想文
posted by 安藤 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝島社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

12月25日の怪物

12月25日の怪物: 謎に満ちた「サンタクロース」の実像を追いかけて12月25日の怪物: 謎に満ちた「サンタクロース」の実像を追いかけて
高橋大輔

草思社 2012-10-23
売り上げランキング : 283581

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


クリスマスに子供たちにプレゼントをくれる、サンタクロースという存在。
しかし、そのルーツをたどると、そこには想像を絶する“異形の怪物”の姿があった―。
「物語を旅する」異能の探検家が、サンタのルーツを求めて、
トルコ、イタリア、オランダ、アメリカ、フィンランド、オーストリア、日本、中国を訪ね、
サンタの知られざる素顔と日本人にとってのサンタの意味を解き明かしていく、
スリリングな旅ノンフィクション。
感想文
posted by 安藤 at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 草思社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界の葬送

世界の葬送世界の葬送
松涛 弘道 「世界の葬送」研究会

イカロス出版 2009-06-15
売り上げランキング : 352884

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本書では土葬、火葬といった葬送方法、そして世界125ヵ国の葬送習慣を解説している。
世界には土葬や火葬以外にも様々な葬送習慣がある。
風葬、水葬、鳥葬、樹上葬など実に多彩だ。
世界の葬送法を見ていくと、その多彩さはすなわち文化の多彩さの表れであることがよくわかる。
こういってはなんだが、多種多様な葬送法は知的好奇心を刺激し、非常に興味深いテーマといえる。
といっても単なる興味本位ではない。
おくられ方を考えることは、死に方を考えることであり、それは生き方を考えることになるからだ。
世界ではどのように死者を悼み、尊厳を守り、敬意を払い、おくっているのか。
これは映画『おくりびと』がはからずも証明したように、優れて現代的なテーマでもある。
自分がどのようにおくられたいのか、それを考える際にも本書は多くのヒントを与えてくれるだろう。

感想文
posted by 安藤 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | イカロス出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

ひとり百物語 5

ひとり百物語 怪談実話集 悪夢の連鎖 (幽ブックス)ひとり百物語 怪談実話集 悪夢の連鎖 (幽ブックス)
立原透耶

メディアファクトリー 2012-12-07
売り上げランキング : 364521

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


学生が持ってきた歪んだ顔の男の心霊写真。
語ると伝染する水珠という名の水死者。
元編集者が見た、フィンランドのホテルフロントにいる二メートルを超す大男。
中国の学生寮にある水が染みだすベッド。
自分の黒い影にぐんぐん覆われていく自称霊能者。
―著者は綴る。記録する。人々の記憶を、亡者たちからのメッセージを。
どこまでが現実で、どこまでが夢だったのだろう。
悪夢を断ち切ってくれた神秘の力とは。
視える著者の体験をはじめ、蒐集した百話の怪談。待望のシリーズ第四弾。



感想文
posted by 安藤 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | メデアファクトリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

ランドセルは海を越えて

ランドセルは海を越えて (シリーズ・自然 いのち ひと)ランドセルは海を越えて (シリーズ・自然 いのち ひと)
内堀 タケシ

ポプラ社 2013-04-09
売り上げランキング : 214451

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日本では、小学校に入学するときに当たり前に準備するランドセル。
6年間苦楽を共にしてきたランドセルを、長い間戦場となって疲弊した国・アフガニスタンに文具と共に贈る活動があります。
10年以上、アフガニスタンに通い、その活動も取材し続けているカメラマン・内堀タケシによる写真絵本。

日本からやってきたランドセルは、学校に行くこともままならないアフガニスタンの子どもたちにとって、宝物。
カバンとして使われることはもちろん、丈夫なので机としても使われています。

わたしたち、日本で生活する者にとっては、学校に行くことはごく普通の日常生活。
でも、世界には学校へ行くことが難しかったり、学校そのものを造ることすら困難な国もあります。
そんな状況の中で、子どもたちは何を想い、学校へ通っているのかを
日常を優しく切り取った写真と共に伝えます。

「学校」とは? 「学ぶ」とは?
そして、「幸せ」とは?

あらためて考えさせられる写真絵本。

感想文
posted by 安藤 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポプラ社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

誰の死体?

誰の死体? (創元推理文庫)
誰の死体? (創元推理文庫)ドロシー・L. セイヤーズ Dorothy L. Sayers

東京創元社 1993-09
売り上げランキング : 186615


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


実直な建築家が住むフラットの浴室に、
ある朝見知らぬ男の死体が出現した。
場所柄、男は素っ裸で、身につけているものは金縁の鼻眼鏡のみ。
一体これは誰の死体なのか? 卓抜した謎の魅力とウイットに富む会話、
そして、この一作が初登場となる貴族探偵ピーター・ウィムジイ卿。
クリスティと並ぶミステリの女王が贈る、会心の長編第一作!

感想文
posted by 安藤 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京創元社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

おかしなジパング図版帖

おかしなジパング図版帖 -モンタヌスが描いた驚異の王国-おかしなジパング図版帖 -モンタヌスが描いた驚異の王国-
宮田 珠己

パイインターナショナル 2013-04-10
売り上げランキング : 41060

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


噂と空想が入り乱れる、フシギの国の挿画

「モンタヌスやその時代の人々の日本情報は、
そんな意外性と荒唐無稽さが横溢して、実に胸躍る、
ありえない世界を現出させていた」。
外国人が想像で描いた、でたらめでほほえましい日本の地図や、
豊満な胸をした女性のブッダ、だぶだぶソデのサムライ、
ラジオ体操おじぎをする日本人たちなど、ユニークすぎる絵図の数々。
「そうして私はなぜか気づくと、自分でこんな本を書くことになっていたのである」(宮田珠己)。

宮田珠己さんに、モンタヌスの魅力を解説していただきました。
感想文
posted by 安藤 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | パイインターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月31日

これからの自転車読本―自転車が変える大人のライフスタイル

これからの自転車読本―自転車が変える大人のライフスタイルこれからの自転車読本―自転車が変える大人のライフスタイル
川口 友万 石川 望 村田 正洋

東京地図出版 2010-03
売り上げランキング : 866245

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


自転車にもう一度乗るために、買うべきもの・知るべきことを完全網羅。
感想文
posted by 安藤 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京地図出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。