2015年09月21日

猫怪々

猫怪々 (集英社文庫)猫怪々 (集英社文庫)
加門 七海

集英社 2014-11-20
売り上げランキング : 57835

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


猫に優しい町を選び、マンションを購入した著者。
ある雨上がりの日、路地裏で一匹の仔猫と出会う。
掌に乗るほど小さく、ぐったりしていた仔猫を見捨てられずに飼うことを決意するが、
いくつも病気を抱えていたうえに、なんと怪異現象までついてきて…。
病院通いに、気功にお経。
猫に振り回されながらも、しみじみいとおしさが湧いてくる。
怪談作家のあやしくも愛にあふれた体当たり「育猫日記」。

感想文
posted by 安藤 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 集英社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

終末のフール

終末のフール (集英社文庫)終末のフール (集英社文庫)
伊坂 幸太郎

集英社 2009-06-26
売り上げランキング : 41277

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。
そう予告されてから五年が過ぎた頃。
当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。
仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。
家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。
はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。


感想文
posted by 安藤 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 集英社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

風花

風花 (集英社文庫 か)風花 (集英社文庫 か)
川上 弘美

集英社 2011-04-20
売り上げランキング : 386905

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ねえ、わたし、離婚したほうがいいのかな。
普通の夫婦を続けていくって、どういうことなんだろう―。
のゆり、33歳。
結婚7年目の夫・卓哉の浮気を匿名の電話で知らされた。
卓哉に離婚をほのめかされて、途方に暮れながらも日々の生活は静かに続く。
やがてのゆりは少しずつ自分と向き合い、一歩ずつ前へと進み始める。
移ろう季節のように、ゆるやかに変わっていく愛の形を描いた傑作恋愛小説。



感想文
posted by 安藤 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。