2015年08月11日

ジェネラル・ルージュの凱旋

ジェネラル・ルージュの凱旋ジェネラル・ルージュの凱旋
海堂 尊

宝島社 2007-04-07
売り上げランキング : 198721

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、
伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、
不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、一枚の怪文書が届いていた。
それは救命救急センター部長の速水晃一が特定業者と癒着しているという、匿名の内部告発文書だった。
病院長・高階から依頼を受けた田口は事実の調査に乗り出すが、
倫理問題審査会(エシックス・コミティ)委員長・沼田による嫌味な介入や、
ドジな新人看護師・姫宮と厚生労働省の“火喰い鳥”白鳥の登場で、さらに複雑な事態に突入していく。
将軍(ジェネラル・ルージュ)の異名をとる速水の悲願、
桜宮市へのドクター・ヘリ導入を目前にして速水は病院を追われてしまうのか…。
そして、さらなる大惨事が桜宮市と病院を直撃する。



将軍は北へ向かう。

凱旋とは勝って帰ってくること、らしいので
北へ向かった将軍はきっと勝利を収めて帰ってくるのでしょう。

Ai普及の使命に燃えた著者が描く桜宮サーガ第三段。
エシックスにAiの企画が通らない島津、
Aiを使用し児童虐待を看破する展開など、Aiを交えて展開。
「チーム・バチスタ」ではAiはちょい役だったのですが
今回は大きく取り扱われていますね。
いやいやAiはついでですよ、こちらのストーリーをご覧ください、
将軍かっこいいでしょう?藤原さん只者ではないでしょう?
やっぱり田口も白鳥も凄いやつでしょう?
といいながらAiくんにかっこよさ見せつけ、
悲劇のヒロイン性で物語を盛り上げてくれます。
エシックスでAiは承認を得ることができましたけれども
速水と田口と白鳥がエシックスをぶっこわしたことで
また状況が逆戻りしないかどうかは心配です。

一般庶民から見れば病院というものは実に優雅に整っているように見えます。
土日祝休診のところは多いし、他の休診も少なくない。
9時〜18時の勤務ならば楽な労働のようにも見えます。
お給料もいっぱいもらってそう。
しかし内情はどうもそうではないようで
白鳥が水面下ではバタ足をしているようなもの。
特に救急は朝も夜もないのでスタッフは疲れきっている。
潜水艦の中にいる速水の様子が
人間としての喜びを何も感じられなくなった生きた屍って感じで
ブラック会社感が漂います。
あんなに元気な人でも死んだ目をするのかと思うと
救急医療ってほんと闇だと思います。
「イノセント・ゲリラ」の感想で
どんなに綺麗な四角に整えても
世間は猥雑で秩序なんかない。
もっと柔軟に対応した方がいいといったことを
書いたことがあるんですけれども
柔軟に対応した結果がこれだよ!
われわれ一般庶民も何かすべきだよなぁ。
とりあえず交通ルール建築ルールは守って
うがい手洗い、早寝早起き、周囲を清潔にすることに努める。
災害の知識を深め、ストレス発散は他人のストレスにならないように行う、
なるべくみんなと仲良くってぐらいか。
傍若無人に振舞うのはよそう。
そんなことを思いました。

速水は翔子に気があるようだったので
最後に花房を選んだのは意外でした。
そら一緒に行きたくないとか言われるわ!

黒崎教授が速水をかばったのは意外でした。
そういえば桐生のことも認めていたんだよなぁ。
根は善良で悪い人ではないのかもしれない。
「チーム・バチスタ」事件、
「ナイチンゲール」事件で病院が崩れかかっているところに
有能な医者を病院の性で失わせてはいけないという判断かもしれません。
音楽鑑賞でテンションが上がっていたからかもしれませんww

じわじわAiの波が整ってきていますが
まだ厚生労働省からの認可は出ていない模様。
この遅遅とした進み具合がリアルです。
Aiにはこれからの日本を導いて欲しい。
シリーズびエンディングではそういった光景を読んでみたいです。

ジェネラル・ルージュの凱旋、感想終了


posted by 安藤 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝島社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423984130

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。